オールソウルズディ 那須

『All Soul’s Day (オールソウルズデイ)』をご存知ですか?
外に輝いていた夏の光は、秋の訪れとともに衰え、今度は精神の光が内面に向かって輝き始めます。
次第に闇が濃くなる晩秋は、私たちの心の内面が目覚め、明るく開かれていくとき。ヨーロッパでは、亡くなった方を思い起こし、全ての魂のために祈る催しがあり、「万霊節(オールソウルズディ)」と呼ばれています。
今回の催しは、老若男女、信仰のある人もない人も、故人を偲ぶ気持ちがある人ならどなたでも参加できる集いです。
老若男女、信仰のある人もない人も、故人を偲ぶ気持ちがある人ならどなたでも参加できる集いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第Ⅰ部 講話「シュタイナーの死生観」 40分 (詳細は裏面に)
  講師 志賀くにみつ(シュタイナー研究者)
    
第Ⅱ部 歌と音楽、オイリュトミー  40分

 フォーレ“レクイエム”より「ピエ・イエス」
 ブラームス“6つの小品”より第2曲「間奏曲イ長調」
 バッハ「無伴奏チェロ組曲」1番
 シューベルト 歌曲「万霊節の連祷」
 吉松隆“すばるの七ツ”より「月」「火」「水」
 新井滿/曲「千の風にのって」
         他
【出演】
 オイリュトミー:渋谷智栄子
 二十五絃箏:小澤千絵子  
  歌/朗唱:安齋裕司
  歌:峯田夏希
  歌:松本加奈子
  ピアノ:菅沼加代子

第Ⅲ部 献灯セレモニー 30分
キャンドルを参加者全員が一人ずつ灯し,亡くなった方達に捧げます。
               ※各部の間に休憩あり
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人間には「思考、感情、意志」三つの力が働いています。
 
第Ⅰ部では、シュタイナーの“人智学”による死生観を認識し(思考)
第Ⅱ部では、美しい芸術体験をとおして亡くなった方に想いをはせ(感情)
第Ⅲ部では、愛する亡き人に感謝の気持ちを捧げます。(意志)

「思考、感情、意志」人間全体の力を使って、オールソウルズデイを共にできたらと願っています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*今回の催しは、人智学的な仕方で故人を偲ぶ集いです。
*大人の方は通し参加が原則となります。Ⅰ部は大人に向けたものなので、小学生以上の子どもは第Ⅱ部から参加できます。(同伴する保護者の方も同様)
*身近な方とお別れをした子どもにとって、慰めをもたらすことでしょう。
(死とは何かを心で納得できていない子どもは「不安や恐れ」を抱きがちです。「あたたかな畏敬の念で」亡くなった方を想うことは、心癒される貴重な体験となります。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【日時】2019年11月23日(土・祝)開場15時 開会15時半

【会場】 那須・奏身舎 tel/fax:0287-63-4039
 【参加費】
*予約・前売り:通し3,000円
   第2部から小学生以上の子ども1000円(同伴する大人2000円)
*当日:500円増し *座席に限りがありますのでお早めにご予約下さい。
【問合/申込】nasu.sousinsya@gmail.com 奏身舎
       manabukai2@yahoo.co.jp みんなのシュタイナー

【主催】オールソウルズディ プロジェクト
【共催】那須・奏身舎  みんなのシュタイナー  
    協力:ぶどうの会

☆2020年2月23日(日)仙台にてオールソウルズデイ開催
〜All Soul’s Day in SENDAI〜

お申込・ご質問はこちら


確認メールが届かない場合は、渋谷先生にも届きません。
メールアドレスの入力ミス、ドメイン拒否解除等、ご確認後再度送信をお願い致します。
また、ドコモやAU等のスマホや携帯電話は、インターネットからの受信が規制されていますので、ドメインの受信許可が必要です。こちらをご参考に設定をお願い致します。
※どうしても届かない場合は別アドレスか電話でお問合せ下さい。

お問合せ種別

お名前 (必須)

メールアドレス (必須・半角)

電話番号

郵便番号

住所

ご質問・ご要望等